【断捨離】プロのスタイリストが11年放置クローゼットを整理したら

SNS連動企画

私はものが捨てられません。

そのとき「価値がある」と判断してゲットしたものを、なぜ時がたった、という理由だけで捨てられるのでしょうか。ということで、どんどんいろんなものが増えてしまうのだけれど、服も例外ではありません。

とはいえ…しまえる場所は限られているので、ついにこの日を迎えてしまいました。

音声配信【対談前半】芸能人御用達スタイリストが伝授!旬の必殺ユニクロ活用法はこちら

もはや何があるかわからない棚

プロのスタイリストの友人が「私がいらないものを判断してあげる」と。
ということで、お言葉に甘えてプロの目から「要らない洋服を判断」してもらいました。

いきなり結論!なんと服の量が1/3になってしまいました。

処分となった洋服たち

でも、彼女が「要らない」と判断したものは、いずれも3年以上は着ていないもの。納得です。しまい方でわかるそう。

僕が気に入っているものは、大事にボタンを閉じるなどしてハンガーにかかっていたりするけれど、ずっと着ていないものは、襟が黄ばんでいたり、無造作に仕舞われたままだったり。

斜めになった棚も廃棄

さらに、スーツも半減。もともと12着ほどあったのが半分になりました。いずれもそこそこいいものなのですが「時代によって形が変わる」のだそう。さらに、ストライプの線と線の間隔も、時代によって変わるため、知らないで着ていたら「ふるっ」となるようです。仕方ないですね。なんせ、20年前にアナウンサーだった時のスーツですから(よくもってたな!)

ということで、クローゼットはこんなにスッキリ。しかし、それから一週間経ちますが、着るものにはまったく困っていません!

断捨離後のクローゼット

むしろ、気に入ったものが選びやすくなり、気分もすっきり。

これまで僕を包んでくれていた服たちよ、ありがとう!!

しかし…中学生の頃(1994年)に親に買ってもらったPC−9821は捨てられません(箱まで保管)。これは死ぬまで持っているだろうな…(モニターとカラープリンターはさすがに廃棄しました)。

コメント