【軽井沢】「リトモスノーアカデミー」指導力はさすがだけれど鬼門はランチ 

2018年にスキーデビューしたチビ丸。そんなに頻繁にスキーができるわけではないから、当然忘れてしまいますよね…とはいえ、毎年やらせないと、身につかない。ということで、2019年は1月、2月と二ヶ月連続で軽井沢の有名スキースクール「岡部スキースクール」(リトモスノーアカデミーという名前に変わったようですが…)に入れてみました。すると見えてきたのは、意外に厳しいランチ時間…

子供の扱いに慣れている!

さすが有名なスキースクールとあり、こどもの扱いに慣れています。4歳前後のこどもは、あっちいったり、こっちいったりなかなかいうことを聞いてくれませんが、この日のインストラクターのお姉さんはまるで幼稚園のプロの先生のように、こどもの心をつかむのがうまい。歌遊びなどをおりまぜて一気にこどもの心を鷲掴み。準備運動は見事全員そろってできるように。

この様子をみて、デカ丸は一安心。

はじめはみんなで準備体操

そもそも、チビ丸的には、なし崩し的にスキーにつれてこられ、さらにスクールに入れられ、一体自分はなにをやらされているのだろう…という心境(だと思う)なので、本人のやる気がでるのか不安だったんですよね…でも、この見事なまでの先生の指導力。さらに、これだけ多くの同い年の子達がいうことを聞いてると、みんなと一緒にやらざるを得ない。

ひとまずクラスには慣れることができたもよう。先生の優しき指導力が素敵でした。
(いまでも、あの遊び歌が自分の脳裏から離れない…リズムいいんだもん…)

リフトには乗りません

さすがに、まだリフトには乗りません。
そもそも軽井沢プリンススキー場の規定で、未就学児は保護者と一緒でないとリフトには乗れないそう。第一、滑ることができないけれど。

こどもたちのスクールは、ほかのスキーヤーなどが入ってこないよう、ネットで囲んだ特別なエリアのはじのほうで行われます。長さ10mほどの坂を、すべらないように敷かれた人工芝の上を自らのぼって、その脇を滑る、を繰り返していきます。この日はハイシーズンだったのですが、6人の生徒に対して2名の先生が付きました。これは安心だし頼もしい。

先生2名の徹底サポートで安心です

 

チビ丸も率先してのぼり、そして先生に手を引いてもらい、滑っていました。後半のぞいてみたところ、数m自ら滑れるようになっていたので、大したものです!

おすすめは1日コース でもランチが大変です

チビ丸を入れたロディキッズレッスン(4歳〜小学4年生)は半日(6000円)と1日(8000円)の2種類。

午前 10:00~12:00
午後 13:30~15:30

このいずれかか、両方かを選べます。
料金をみたら1日がお得ですよね。でも体力がもつのか…心配な方は、午前中やってみて、できそうだったらそのまま午後も!とお願いすることができます。融通が利くのは嬉しいですね。

ただ、問題はランチ。

ハイシーズンはゲレンデからもっとも近い、ビュッフェレストランはお昼時は長蛇の列。待ち時間30分なんてざら。20人くらい並んでいるのをみると、並ぶ気が失せます。こどものブーツを脱がせ、滑りやすいゲレンデを手をつなぎながら歩き…とやっていると、正味1時間しかないのに、並んでいては午後の部に間に合いません。

そこで敏腕リサーチャー・チュウ丸が見つけてきたのが、プリンスホテル内のレストラン。イーストのオールデイダイニング。こちらは穴場なのか、ビュッフェが長蛇の列でも、すんなり入ることができました。別日にいったときも4、5分ほど待った程度。料金も、ビュッフェとそんなに変わらないのに、格段にこちらのほうが美味しい。しかも広いのでゆったり過ごせる。ビュッフェレストランは戦場のようになっていたので、快適度が全然違います。

軽井沢プリンスホテル公式HPより「All Day Dining」

予約もできるので、ランチタイムにいく時間がきまっていたらあらかじめ席を押さえておくと安心ですね。

こちらはホテル内なのでブーツを脱いでスリッパに履き替えないといけません。その分の時間はロスしますが、でも、ビュッフェより格段におすすめです。

でも、あー疲れた、とまったりしていると、午後の部の時間がすぐ迫ってきますから、”時間制限”があることをお忘れなく!

ちなみに、駐車場利用者は、ここで食べると利用額に応じて割引されるので駐車券もお忘れなく!

結論:リフトに乗って滑れるようになるまでお預けしたい

指導力はばっちり。しかも…例えが悪いのですが、さらに1日子供を預かってもらえるのは、スキーヤーデカ丸としては、かなり助かります。なんせ、その間自由に滑れる!飛ばし屋なので、ひとりで滑りたいんです…ほんとは。もちろん、目標はチビ丸にガンガンすべれるようになってもらい、一緒に滑ること。ちなみに、腕に自信がなかったチュウ丸も、おとな用の1日コースに入り、かなり上達しました。これは本当にお見事。

滑れる、のと、教えられる、ことって違うんですよね。

ガンガン滑ることのできるデカ丸からしたら、なんで、そんな腰つきになるのかとかがまったく理解できないし、でも、どうしたらいいのか、うまく説明ができない。でもプロにかかれば…いやはや、本当にお見事でした。

レッスン中の様子

なのでスクールはさすが評判通り。間違いありません。シーズンによっては満員になってしまうので、スキー場にいく日が決まっていて、スクールに入れるつもりならば、その時点ですぐさま予約を。

問題はとにかくランチ!対策をしっかりしておかないと、食いっぱぐれるか、間に合わないか、せっかくのスキーリゾートでの1日ががっかりな結果になってしまいます!お気をつけを。

【リトモスノーアカデミー】
軽井沢プリンススキー場内
受付時間:
午前  8:50〜  9:45
午後12:30~13:15
電話:
0267-41-0623(9:30〜17:30 水・日定休)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました