【自分の子と他人の子】娘がハデな”池ぽちゃ”で反省

コラム

仕事の関係で現在、休校のインターに代わり、保育に数時間預けているのですが、午後早めに迎えにいったあと、その隣にある公園で、親友と二時間ほど遊ばせることが日課に。

公園には大きめの遊具がそれなりにあるのですが、二人が目をつけたのは、公園のすみにある小さな池。男の子たちが、あちこちで何かを捕まえています。

バケツをのぞいてみると…無数のオタマジャクシにエビ、さらにタガメが。

案の定、二人は「やりたい!」ということで、持っていたとても小さな駄菓子の入れ物で捕まえようとするので「そんなの無理だよ…まぁやってみな」としばらく池の周りで「オタマジャクシとり」をする二人をみていたら…「取れた!」ものの5分で捕まえ方を習得。「頭の方からいったらとれるよ!」とのこと。もうひとりの親友は、手で掬ってつかまえる方法を完全マスター。

そうこうしているうちに、もうひとりの学校の友達も加わり…こりゃ誰か落ちるな、とおもっていたら、案の定その友達が池ぽちゃ。足を滑らせて、片足が池にズボ。

あんな狭いところで、子供たちが走り回ったら、そりゃそうなるなと思っていたら…

その翌日。

またオタマジャクシ取りに精を出すふたり。もうわんさかとれすぎて、いちいち僕に報告に来なくなったので、親友ちゃんのパパとずっとおしゃべりをしていたら、少し離れたところで「ドボーン」と盛大な音が。

思わず「誰がおちた!」と叫んでしまった私。

叫びつつまわりを見渡すと姿が見えなくなったのは我が娘、チビ丸。

片足どころか体ごと落ち、岩陰に隠れてしまうほど見事な池ぽちゃ。

とっさに走り寄り、引き上げてみたところ、娘は「おちちゃったよー」とケラケラ。こんなこともあろうかと、着替えをフルセットもっていたのでよかったのですが、なにより怪我もなく、本人も楽しそうだったからよかったのだけれど…

あそこは、誰が落ちようと、駆けつけなければならないシチュエーション。

真っ先に自分の娘の身の安全を確かめたのは仕方がないとはいえ…反省したのでした。

そして、おそらく今日もオタマジャクシ取り…どうか、誰も池ぽちゃしませんように!

もちろんとった後はすべて池に戻しています!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました