【羽田】見慣れぬ全自動カウンターにコロナ検査自販機…空港がどんどん”自動化”

コラム
羽田空港がどんどん“自動化“

コロナ禍で利用することがまったくなくなっていた羽田空港へ約1年ぶりにむかってみると…

まず娘・チビ丸が「あー!!!!」といって走り出すのでついていくと、“ポケモン自販機”が!こんなの僕が知る羽田空港にはなかった!

ポケモン自販機が登場

オリンピック開催で、訪日外国人が増えることを想定したものだったんだろうなぁ…

そして、コロナ検査場が新設されていたのは「出発前に陰性証明を…コロナ禍で変化した空港のいま」で記した通りですが…なんと、コロナ検査キット販売自販機まで誕生。15分で結果がでるとのことですが…これができるなら、国に街中でどんどんもっと検査してほしい!

コロナ検査自動販売機も

そして、地下1Fには謎の全自動っぽいカウンターも…これは一体…電車の改札口と同じフロアにあったので、電車おりてすぐチェックイン&手荷物預けが可能…なのかな、と想像。それができたら便利ですね。手荷物はすぐに預けたい…日本なら荷物が飛行機に載ってなかった、なんてことなさそうだし。

まだ稼働してなかった謎の自動?カウンター

関係ありませんが、アメリカに住んでいた時、乗り継ぎのないダイレクトフライトで、荷物が載ってなかったことがあり、どうしてこんなことが起こり得るんだと、呆れましたが、日本が素晴らしくシステマチックに仕上がっているのであって、日本こそが特別なんだと思い知らされました。さらに関係ありませんが、南米に行った時は、3日にわたり荷物が出て来ませんでした。

コロナ禍は終わりを告げるどころが、どんどん悪化していますが、空港はしばらく訪れないうちに目覚ましく進化。

ちなみに…五輪グッズは…手に取る人はほとんどいませんでした。

売れ残る五輪グッズ

なんか、あっという間に始まり、そして終わりましたね…五輪とパラリンピック。

来年には自由に世界を旅できる、平和な世の中に戻っていることを切に願う!

コメント

タイトルとURLをコピーしました