【幼稚園再開】久しぶりの園での様子を聞いたら「最高の答え」が返ってきた

コラム

6月1日をもって、チビ丸が通うインターが再開。学校に連れて行ったチュウ丸に聞いたところ、園に入る前にすべての子供たちの「検温」が義務化されたことで、道路にまであふれる、親子の長蛇の列ができていたとのこと。

まだまだ手探りの「再開」が続きますね。

お迎えにいったのはデカ丸。もちろん、お迎えもほぼ2ヶ月ぶり。

いつもは、教室の目の前の内廊下まで行き、室内で遊ぶ元気な子供たちの姿をみてほっこりしていたのですが、コロナ対策のため外で待機。すこし寂しい気持ち。

元気にチビ丸がでてきて、自転車にのせ、自宅に帰る道すがら、チビ丸に「誰か休んでいたこは?」「久しぶりになにしたの?」などの会話をしつつ、「久しぶりで楽しかったでしょ?」と聞いてみたところ…

「うん、楽しかったよ!」

と大きな声。それに続き彼女が一言。

「っていうか、いつもHAPPYだけど!あははは!」

コロナでstay homeを余儀なくされた2ヶ月。夫婦でいろいろ工夫しながら一緒に過ごしてきましたが、彼女はとても幸せに過ごしてくれたのだな、とこちらも幸せな気持ちに。

チビ丸はまだ5才。コロナのことは、おそらく忘れてしまうでしょう。僕も5才のときに起きたことなど、ほとんど覚えていません。

大人は感染拡大を防ぐために、と、いろいろ自粛や自制ができますが、子供たちは本質的なところを理解はできないと思い、だからこそ、なるべくストレスにならず、子供らしい日々を送ることができるよう努めてきました。

彼女にその思いは届いていたようです。

 

いつもHAPPYかぁ。いいなぁ。っていうか、僕もいろんな人たちから「どこにいても楽しそうですね」なんて言われるけど。

それは、どこにいても楽しむ努力をしているのです!(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました